HOME索引 > 折原一

折原 一

オリハラ イチ

 最終更新 2009.6.18.

著作リスト

 五つの棺

 1988年5月 東京創元社
 第1の棺 おせっかいな密室―天外消失事件/第2の棺 やくざな密室―帝王死す事件/第3の棺 懐かしい密室―ユダの窓事件/第4の棺 冷ややかな密室―脇本陣殺人事件/第5の棺 永すぎる密室―ジョン・ディクスン・カーを読んだ男たち/第6の棺 たそがれの密室―あとがきにかえて

 七つの棺

 1992年11月 創元推理文庫 解説:山前譲「密室ーその不思議な魔力」
 *『五つの棺』に二編を加えて文庫化。
 密室の王者/ディクスン・カーを読んだ男たち/やくざな密室/懐かしい密室/脇本陣殺人事件/不透明な密室/天外消失事件

 倒錯の死角 201号室の女

 1988年10月 東京創元社 解説:鮎川哲也
 1994年10月 創元推理文庫 解説:穂井田直美 「折原一さんへのわがままなジレンマ」
 1999年10月 講談社文庫

 鬼が来たりてホラを吹くー鬼面村殺人事件

 1989年2月 カッパ・ノベルス
 *黒星警部もの
 *『鬼面村の殺人』と改題、文庫化

 鬼面村の殺人

 1993年7月 光文社文庫 解説:鮎川哲也「本格物の本道をいく若き旗手」

 倒錯のロンド

 1989年7月 講談社
 1992年8月 講談社文庫

 白鳥は虚空に叫ぶ ―特急「白鳥」60秒の死角

 1989年7月 カッパ・ノベルス
 『「白鳥」の殺人』と改題、文庫化

 「白鳥」の殺人

 1994年2月 光文社文庫 解説:中島河太郎「変幻自在な若武者」

 螺旋館の殺人 ―『盗作のロンド』

 1990年1月 講談社ノベルス
 1993年8月 講談社文庫 解説:新保博久
 『螺旋館の奇想』 2005年6月 文春文庫

 猿島館の殺人 ―モンキー・パズル 

 1990年6月 カッパ・ノベルス
 1995年2月 光文社文庫
 *黒星警部もの

 灰色の仮面

 1990年8月 講談社
 1992年6月 講談社ノベルス
 1995年6月 講談社文庫
 1998年10月 徳間文庫 オリジナル版

 死の変奏曲

 1991年1月 徳間書店

 丹波家殺人事件

 1991年3月 日本経済新聞社
 1994年5月 講談社文庫

 丹波家の殺人

 2004年5月 光文社文庫

 覆面作家

 1991年10月 立風書房 絶版
 1996年3月 講談社文庫

 奥能登殺人旅行

 1992年11月 カッパ・ノベルス
 *『蜃気楼の殺人』と改題、文庫化

 蜃気楼の殺人

 1996年2月 光文社文庫
 2005年8月 講談社文庫

 仮面劇 Masque

 1992年2月 講談社
 1995年3月 講談社文庫

 異人たちの館

 1993年1月 新潮社
 1996年2月 新潮文庫
 2002年7月 講談社文庫

 水底の殺意

 1993年8月 講談社

 天井裏の散歩者 幸福荘殺人日記

 1993年12月 角川文庫

 望湖荘の殺人 ―サプライズ・パーティー

 1994年8月 カッパ・ノベルス
 1997年3月 光文社文庫

 沈黙の教室

 1994年4月 早川書房
 1997年5月 ハヤカワ文庫
 2009年6月 双葉文庫(日本推理作家協会賞受賞作全集80) 解説:千街晶之

 幸福荘の秘密 新・天井裏の散歩者

 1995年9月 角川書店
 1997年10月 角川文庫

 黒衣の女

 1995年8月 徳間文庫
 1998年7月 講談社文庫

 誘拐者

 1995年8月 東京創元社
 2002年11月 文春文庫

 漂流者

 1996年8月 角川書店
 *『セーラ号の謎』と改題、文庫化

 セーラ号の謎 ―漂流者

 1999年10月 角川文庫

 ファンレター

 1996年1月 講談社
 1999年2月 講談社文庫 解説:新保博久「不安レター」
 『愛読者 ファンレター』 2007年11月 文春文庫

 水の殺人者

 1996年8月 講談社文庫

 二重生活

 1996年10月 双葉社
 2000年3月 講談社文庫
 新津きよみとの合作。

 101号室の女

 1997年1月 講談社
 2000年7月 講談社文庫
 101号室の女/眠れ、わが子よ/網走まで…/石廊崎心中/恐妻家/わが子が泣いている/殺人計画/追跡/わが生涯最大の事件

 冤罪者

 1997年11月 文藝春秋
 2000年11月 文春文庫

 遭難者

 1997年5月 実業之日本社
 2000年5月 角川文庫

 遭難者( 不帰に消える ) 1

 1997年5月 実業之日本社
 2000年5月 角川文庫

 遭難者(不帰ノ嶮、再び)2

 1997年5月 実業之日本社
 2000年5月 角川文庫

 黄色館の秘密

 1998年3月 光文社文庫
 *黒星警部もの

 失踪者

 1998年11月 文芸春秋
 2001年11月 文春文庫

 暗闇の教室

 1999年9月 早川書房
 1 百物語の夜 2001年12月 ハヤカワ文庫
 2 悪夢、ふたたび 2001年12月 ハヤカワ文庫 解説:吉野仁

 耳すます部屋

 2000年2月 講談社
 2003年2月 講談社文庫 解説:池波志乃
 耳すます部屋/五重像/のぞいた顔/真夏の誘拐者/肝だめし/眠れない夜のために/Mの犯罪/誤解/鬼/目撃者

 倒錯の帰結 首吊り島

 2000年10月 講談社
 2003年1月 講談社ノベルス
 2004年9月 講談社文庫

 沈黙者

 2001年11月 文藝春秋
 2004年11月 文春文庫

 樹海伝説

 2002年6月 祥伝社文庫

 倒錯のオブジェ

 2002年10月 文藝春秋 本格ミステリ・マスターズ
 *『天井男の奇想』と改題、文庫化

 天井男の奇想

 2006年3月 文春文庫

 模倣密室 黒星警部と七つの密室

 2003年5月 光文社
 2006年5月 光文社文庫
 北斗星の密室―「黒星警部の夜」あるいは「白岡牛」/つなわたりの密室/本陣殺人計画―横溝正史を読んだ男/交換密室/トロイの密室/邪な館、13の密室/模倣密室

 被告A

 2003年9月 早川書房 ハヤカワ・ミステリワールド
 2006年9月 ハヤカワ文庫

 鬼頭家の惨劇 忌まわしき森へ

 2003年12月 祥伝社文庫

 チェーンレター

 2004年3月 角川ホラー文庫

 偽りの館 叔母殺人事件

 2004年9月 講談社
 『叔母殺人事件 偽りの館』 2007年9月 講談社文庫

 黙の部屋

 2005年4月 文藝春秋
 2008年7月 文春文庫

 グッドバイ 叔父殺人事件

 2005年11月 原書房 ミステリー・リーグ
 2008年11月 講談社文庫

 行方不明者

 2006年8月 文藝春秋

 タイムカプセル

 2007年3月 理論社 ミステリーya!

 疑惑

 2007年6月 文藝春秋

 黒い森

 2007年11月 祥伝社

 クラスルーム

 2008年7月 理論社 ミステリーya!

その他

 誘拐

1995年1月 カドカワノベルス
 1997年10月 角川文庫
 *「二重誘拐」収録

 密室

 1997年9月 角川文庫
 *「傾いた密室」収録

 密室殺人大百科 上

  2000年7月 原書房 二階堂黎人
 2003年9月 講談社文庫
 *「本陣殺人計画 横溝正史を読んだ男」収録

 密室レシピ

 2002年4月 角川スニーカー文庫
 *「トロイの密室」収録

折原一が書いた解説

 被害者を捜せ!

 パット・マガー(中野圭二訳) 創元推理文庫

 仮面山荘殺人事件

 東野圭吾 講談社文庫 1995年3月
 「引き出しの多い作家」

 ブラックスワン

 山田正紀 ハルキ文庫 1999年3月
 「バリンジャーを意識した叙述ミステリ」

 葬儀を終えて

 アガサ・クリスティ ハヤカワ・クリスティー文庫 2003年11月

 誘拐 新装版

 高木彬光 光文社文庫 2005年6月 *巻末エッセイ

 空白の殺意

 中町信 2006年2月 創元推理文庫