HOME索引 > 芦辺拓

芦辺 拓

 アシベ タク

 最終更新 2008.12.15.

著作リスト

 殺人喜劇の13人

 1990年11月 東京創元社
 1998年10月 講談社文庫
 *第1回鮎川哲也賞受賞。

 保瀬警部最大の冒険

 1994年1月 カドカワノベルズ

 殺人喜劇のモダン・シティ

 1994年2月 東京創元社 解説:鮎川哲也
 2000年9月 講談社文庫

 歴史街道殺人事件

 1995年8月 トクマ・ノベルズ
 1999年6月 徳間文庫

 明清疾風録

 1 1995年11月 歴史群像新書
 2 1996年5月 歴史群像新書
 3 1997年3月 歴史群像新書

 時の誘拐

 1997年2月 立風書房
 2001年9月 立風ノベルス
 2004年3月 講談社文庫

 地底獣国の殺人

 1997年9月 講談社ノベルス
 2001年6月 講談社文庫

 探偵宣言

 1998年3月 講談社ノベルス
 2005年9月 講談社文庫

 死体の冷めないうちに

 1998年7月 双葉社
 2001年2月 双葉文庫

 十三番目の陪審員

 1998年8月 角川書店
 2001年8月 角川文庫 解説:堀晃 「解説ーあるいは素人読者の書いたノート」
 2008年9月 創元推理文庫

 不思議の国のアリバイ

 1999年9月 青樹社
 2003年7月 光文社文庫

 真説ルパン対ホームズ

 2000年4月 原書房
 2005年8月 創元推理文庫
 真説ルパン対ホームズ/大君殺人事件またはポーランド鉛硝子の謎/『ホテル・ミカド』の殺人[改訂版]/黄昏の怪人たち/田所警部に花束を/7つの心を持つ探偵/探偵奇譚・空中の賊/160年の密室ー新・モルグ街の殺人

 怪人対名探偵

 2000年5月 講談社ノベルス
 2004年12月 講談社文庫

 和時計の館の殺人

 2000年7月 カッパ・ノベルス
 2004年5月 光文社文庫

 時の密室

 2001年3月 立風書房
 2005年3月 講談社文庫 解説:有栖川有栖 「華麗にして強靭」

 赤死病の館の殺人

 2001年7月 カッパ・ノベルス
 2005年4月 光文社文庫
 赤死病の館の殺人/疾駆するジョーカー/深津警部の不吉な赴任/密室の鬼

 グラン・ギニョール城

 2001年12月 原書房 ミステリー・リーグ
 2006年4月 創元推理文庫 解説:辻真先

 名探偵Z

 2002年4月 ハルキ・ノベルス

 メトロポリスに死の罠を

 2002年4月 双葉社
 2004年9月 双葉文庫

 明智小五郎対金田一耕助 名探偵博覧会2

 2002年12月 原書房 ミステリー・リーグ
 2007年1月 創元推理文庫
 明智小五郎対金田一耕助/フレンチ警部と雷鳴の城/ブラウン神父の日本趣味/そしてオリエント急行から誰もいなくなった/Qの悲劇または二人の黒覆面の冒険/探偵映画の夜/少年は怪人を夢見る

 殺しはエレキテル 曇斎先生事件帳

 2003年12月 カッパ・ノベルス
 2007年1月 光文社文庫
 殺しはエレキテル/幻はドンクルカームル/闇夜のゼオガラヒー/木乃伊とウニコール/星空にリュクトシキップ/恋はトーフルランターレン

 紅楼夢の殺人

 2004年5月 文藝春秋 本格ミステリ・マスターズ
 2007年8月 文春文庫

 妖奇城の秘密 ネオ少年探偵

 2004年6月 学習研究社 エンタティーン倶楽部 画:藤田香

 切断都市

 2004年12月 双葉社

 三百年の謎匣

 2005年4月 早川書房 ハヤカワ・ミステリーワールド
 森江春策、三百年の謎匣を開く/新ヴェニス夜話/海賊船シー・サーペント号/北京とパリにおけるメスメル博士とガルヴァーニ教授の療法/マウンザ人外境/ホークスヴィルの決闘/死は飛行船に乗って/森江春策、三百年の謎匣を閉じる

 電送怪人 ネオ少年探偵

 2005年6月 学習研究社 エンタティーン倶楽部 画:藤田香

 謎のジオラマ王国 ネオ少年探偵

 2005年6月 学習研究社 エンタティーン倶楽部 画:藤田香

 少年は探偵を夢見る

 2006年3月 創元クライム・クラブ
 少年探偵はキネオラマの夢を見る/幽鬼魔荘殺人事件と13号室の謎/滝警部補自身の事件/街角の断頭台/時空を征服した男/年譜・森江春策事件簿

 千一夜の館の殺人

 2006年7月 カッパ・ノベルス

 探偵と怪人のいるホテル

 2006年9月 有楽出版社(実業之日本社)
 探偵と怪人のいるホテル/仮面と幻夢の躍る街角/少年と怪魔の駆ける遊園/異類五種/疫病草紙/黒死病館の蛍/F男爵とE博士のための晩餐会/天幕と銀幕の見える場所/屋根裏の乱歩者/伽羅荘事件

 からくり灯籠五瓶劇場

 2007年3月 原書房

 迷宮パノラマ館

 2007年6月 有楽出版社
 太平天国の邪神/カンバリクの盗賊/グラン・ギニョールの夜/読心術師/ブロードウェイの聖夜/二つの扉/ 飛蝗亭事件/カイン屋敷/名探偵の使命/そして誰もいなくなった…はずだった/安楽椅子探偵の悲劇/講談・江戸川乱歩一代記―乱歩と神田伯龍/講談・海野十三一代記―火星からの伝言/闇夜と蒸気機関車/限りなき蘇生術/雨の骨董店/蜘蛛の宿/太陽系七つの秘宝/美食はエリートの楽しみ/心霊写真/地球軍大勝利/ラジオドラマ・坪井警部の事件簿―少なすぎた容疑者/異説・女か虎か/女も虎も/冒険活劇大ロマン!/前回までのあらすじ/絶景十津川郷/少年ヒーローは死

 裁判員法廷

 2008年3月 文藝春秋

 月蝕姫のキス

 2008年10月 理論社 ミステリーya!

 彼女らは雪の迷宮に

 2008年10月 祥伝社

その他(芦辺拓編集・監修)

 鮎川哲也読本 

 芦辺拓、有栖川有栖二階堂黎人
 1998年9月 原書房

 贋作館事件

 1999年9月 原書房 芦辺拓編 パスティーシュアンソロジー
 *「ブラウン神父の日本趣味」「黄昏の怪人たち」収録
 *「黄昏の怪人たち」は『真説ルパン対ホームズ』に収録

 絢爛たる殺人 本格推理マガジン

 鮎川哲也監修 芦辺拓編
 2000年10月 光文社文庫
 ミデアンの井戸の七人の娘(岡村雄輔)/むかで横丁(発端篇(宮原龍雄)/発展篇(須田刀太郎)/解決篇(山沢晴雄))/特別寄稿 「むかで横丁」裏話(山沢晴雄)/二つの遺書(坪田宏)/ニッポン・海鷹(シーホーク)(宮原龍雄)/特別寄稿 「探偵小説の思い出」(宮原龍雄)/風魔(鷲尾三郎)

 少年探偵王 本格推理マガジン

 鮎川哲也監修 芦辺拓編
 2002年4月 光文社文庫
 まほうやしき(江戸川乱歩)/ふしぎな人―名たんていと二十めんそう(江戸川乱歩)/かいじん二十めんそう(江戸川乱歩)/吸血魔(高木彬光)/空気人間(鮎川哲也)/呪いの家(鮎川哲也)/時計塔(鮎川哲也)/ビリーパック―恐怖の狼人間(河島光広)

その他(アンソロジーなど)

 不在証明崩壊 

 1996年4月 カドカワノベルズ
 2000年5月 角川文庫
 *「死体の冷めないうちに」収録(→『死体の冷めないうちに』に収録)

 悪魔の発明

 1998年5月 廣済堂文庫 異形コレクション4 監修:井上雅彦
 *「F男爵とE博士のための晩餐会」収録(→『探偵と怪人のいるホテル』に収録)

 新世紀「謎」倶楽部

 1998年7月 角川書店
 2001年8月 角川文庫
 *「<ホテル・ミカド>の殺人」収録(→『真説ルパン対ホームズ』に収録)

 グランドホテル

 1999年3月 廣済堂文庫 異形コレクション
  *「探偵と怪人のいるホテル」収録(→『探偵と怪人のいるホテル』に収録)

 堕天使殺人事件

 新世紀「謎」倶楽部
 1999年9月 角川書店
 2002年5月 角川文庫
 *リレー小説。二階堂黎人柴田よしき北森鴻篠田真由美村瀬継弥歌野晶午西澤保彦小森健太朗谺健二愛川晶、芦辺拓

 乱歩の幻影

 1999年9月 ちくま文庫 日下三蔵編
  *「屋根裏の乱歩者」収録(→『探偵と怪人のいるホテル』に収録)

 世紀末サーカス 異形コレクション14

 2000年1月 廣済堂文庫 監修:井上雅彦
 *「天幕と銀幕の見える場所」収録(→『探偵と怪人のいるホテル』に収録)

 黄土の虹 チャイナ・ストーリーズ

 2000年2月 祥伝社
 *「北元大秘記」収録

 前夜祭

 新世紀「謎」倶楽部
 2000年6月 角川書店
『堕天使殺人事件』に続くリレー小説第二弾。結末を一般に募集した。
 参加作家は芦辺拓、西澤保彦伊井圭柴田よしき愛川晶北森鴻

 密室殺人大百科 上

 2000年7月 原書房 二階堂黎人
 2003年9月 講談社文庫
 *「疾駆するジョーカー」収録(→『赤死病の館の殺人』に収録)

 マスカレード

 2002年1月 光文社文庫 異形コレクション
 *「仮面と幻夢の踊る街角」収録(→『探偵と怪人のいるホテル』に収録)

 秘神界 歴史編

 2002年9月 創元推理文庫 朝松健編
 *「五瓶劇場戯場国邪神封陣」収録

 全席死定

 2004年3月 徳間文庫 山前譲編
 *「そしてオリエント急行から誰もいなくなった」収録

 黒い遊園地

 2004年4月 光文社文庫 異形コレクション
  *「少年と怪魔の駆ける遊園」収録(→『探偵と怪人のいるホテル』に収録)

 伝奇城

> 2005年2月 光文社文庫 朝松健、えとう乱星編伝奇時代小説アンソロジー
 *「五瓶劇場けいせい伝奇城」収録

 あなたが名探偵

 2005年8月 東京創元社 創元クライム・クラブ
 *「読者よ欺かれておくれ」収録

 密室と奇蹟 J.D.カー生誕百周年記念アンソロジー

 2006年11月 東京創元社
 *「ジョン・ディクスン・カー氏、ギデオン・フェル博士に会う」収録

対談・インタビュー

 本格ミステリーを語ろう! 海外編

 1999年3月 原書房
 芦辺拓、有栖川有栖小森健太朗二階堂黎人らの対談による海外本格ガイド

 名探偵の肖像

 1999年6月 講談社ノベルス 二階堂黎人
 2002年6月 講談社文庫
 二階堂黎人、芦辺拓の対談「対談 地上最大のカー問答」収録

漫画化

 赤死病の館の殺人

 画:宗美智子
 2003年1月 秋田書店 サスペリアミステリーコミックス

芦辺拓が書いた解説

 光る地獄蝶

 愛川晶 2001年3月 光文社文庫 「愛川ミステリ、その<大人>の魅力」

 人それを情死と呼ぶ

 鮎川哲也 2001年7月 光文社文庫

 赤い霧

 ポール・アルテ 2004年10月 早川ポケットミステリ 「拝啓ポール・アルテ様」

 刺青殺人事件 新装版

 高木彬光 2005年10月 光文社文庫 *巻末エッセイ

 殺人現場はその手の中に

 柄刀一 2008年9月 祥伝社文庫